Environment 育成プログラム

一人ひとりの成長が会社を支える原動力になる

NISSAY ITの社員は、一人ひとりが自身の「専門性」を追求し、プロフェッショナルになることを目指しています。それらを支援する充実した育成制度があることもNISSAY ITの魅力のひとつ。入社からの5年間は、一人前のシステムエンジニアになるまでの大事な「基礎固め期間」。プログラミングなどのシステム開発の基礎を学び、ITスキルを定着させるほか、ビジネスコミュニケーションやプレゼンテーションといったヒューマンスキルを養うカリキュラムも用意しています。その後も、社員一人ひとりのキャリアパスに沿った豊富な育成プログラムを用意し、社員の学びと成長をサポートしています。

画像クリックで拡大表示

さあ、
「システムエンジニア」への
一歩を踏み出そう

当社では、内定期間中から内定者同士の交流や社会人になるまでの準備期間を支援する取組みとしてオンラインセミナーなどを開催しています。入社後には、約3か月の新入社員研修を通じて、システムエンジニアとして最初の一歩を踏み出すための基礎スキルを習得。配属後は、年次に応じた階層別研修などを設け、「基礎固め期間」をしっかりとサポートしています。その後も、技術系・ヒューマンスキル系研修により専門性を伸長し、その先には更に専門性を高度化させ、真のプロフェッショナルを目指すための充実した育成プログラムを用意。9つのキャリアコースごとに体系立てられたカリキュラムには、求められるスキルや到達水準が明確に定められているため、社員がそれぞれに目標をもって高度IT人材を目指す仕組みが整っています。これらは、公的機関にも認められたNISSAY ITならではの育成制度(※)です。

※一般社団法人情報処理学会に認定された制度(認定情報技術者制度(CITP制度))で、金融ユーザー系IT企業で認定されているのは当社のみ(2020年3月時点)

OJTを通じて養う
高い「実務力」

配属後は、事業部でのシステム開発業務を通じて、担当領域のお客様の業界や業務知識について学んでいきます。事業部独自の勉強会や模擬開発を通じて知識と技術的なスキル伸長を図るなど、配属部署それぞれの事業特性に応じたOJTプログラムが用意されています。新入社員と先輩社員が1対1の育成体制を組む「トレーナー制度」もあり、社会人としての振る舞いや日常生活における素朴な疑問も解消しやすい環境があります。先輩社員は全員「新入社員」だったわけですから、その経験を活かしたアドバイスも豊富。2年目以降も、上司との定期的な面談や他事業部の社員同士の繋がりを促進する「1on1(メンター制度)」により、社員のキャリア形成を支援しています。

知的好奇心を刺激する
「NISSAY ITアカデミー」

当社は創業当時から実践してきた社員の成長を支援する様々な取組みを更に発展させることを狙い、2020年度に人材育成を専管とする「NISSAY ITアカデミー」という組織を立ち上げました。年間80コース200開催にも及ぶ多様な研修カリキュラムを提供するほか、資格報奨金制度やビジネススクール派遣などを通じて社員の自己研鑽を支援しています。また、仕事に直結する内容だけでなく、社員の知的好奇心を刺激する様々なテーマを取り上げた定期的なオンラインイベントも開催。楽しみながら学ぶ姿勢を醸成しています。著名な講師を招いたトークイベント(※)は、普段なかなか接することのできない方に直接質問できるチャンスとあって、視聴数も多く、新入社員から幹部層まで幅広い社員が楽しみにしています。

※エントリーいただいた学生の方を対象に、マイページにてトークイベントの一部を公開中です!

5G導入の狙いとIT業界への期待

講師:
株式会社横須賀テレコムリサーチパーク 代表取締役社長
国立情報学研究所 特任研究員
開志専門職大学 学長アドバイザー及び客員教授  鈴木 茂樹氏
概要:

「5G」ってすごいって聞くけれど、一体何者なのか。ICTによるSDGs達成への貢献事例を交え、5Gネットワークの普及・整備がもたらす様々な産業分野の変化イメージとIT業界に対する期待についてご講演いただきました!「5G」から生まれる新たなビジネスチャンスを捉える目を養います。

ウェルビーイングな働き方

講師:
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授
慶應義塾大学 ウェルビーイングリサーチセンター センター長  前野 隆司氏
概要:

コロナ禍で、クローズアップされている“ウェルビーイング”。その第一人者である前野教授にご講演いただきました!幸せな人にはどのような特徴があるのか、幸せに働いている社員がいる組織の特徴など、「幸せ」研究の知見をもとに解説いただき、働くことの「幸福度」をアップさせるヒントをお届けしています。