What's
NISSAY IT
事業内容

社会の安心に ITの力で新たな価値を

私たちニッセイ情報テクノロジーは、日本生命グループのIT戦略会社として、1999年に誕生しました。設立以来、日本生命の情報システム構築で培ったノウハウをベースに「保険・共済」「年金」「ヘルスケア」といった、社会保障領域のマーケットに対して高品質なITソリューションを提供し続けています。また、豊富な業務ノウハウを活かし、システム開発だけでなく、コンサルティングや保険事務のアウトソーシングサービスなどの提供を通じて、社会やお客様に幅広く貢献しています。

基礎固め期間・専門性伸長

保険・共済

保険・共済のプロとして、先進性、信頼性の高いサービスを提供

安心した生活に欠かせない保険・共済。そのカタチのない商品の提供は、複雑な業務によって成り立っています。お客様への提案、契約の締結や長期間にわたる契約情報の管理、保険金の支払いなど。当社はそのような多種多様な保険業務全般に精通し、長年日本生命をITの力で支えてきました。そこで得た知見を活かし、IT戦略の立案からシステム開発・運用まで一貫したサービスを提供できることを強みに、グループ外の保険会社や共済組合に対しても先進性、信頼性の高いシステムやコンサルティングサービスを提供しています。

年金

重要な社会インフラを維持する、堅牢なシステムを構築

年金は、長期にわたって維持されるべき大切な社会インフラのひとつ。だからこそ、それを管理するシステムには高い堅牢性と持続性、法改正などに対応できる柔軟性が求められます。私たちは長年、生命保険会社の企業年金業務のプロセス改善・システム開発を担当してきました。そこで得た様々なノウハウや知見を活かし、年金業務に携わる多くの企業や公共団体に貢献しています。

ヘルスケア

高齢化社会に対するITの可能性を追求

医療・介護などのヘルスケア領域は、ITを用いた業務効率化がもっとも求められる領域のひとつ。当社は、診断書作成システムをはじめとした医療機関向けのソリューションや、介護保険事務処理を支援する自治体向けのソリューションなど、病院経営の効率化や社会福祉制度の円滑な運営に貢献しています。それらに加え、認知症への対策コンテンツの提供など、昨今注目を集めている介護予防の分野へのさらなる貢献を目指しています。