介護施設向け 認知症対策トレーニングシステム(暮らしの脳トレ)

施設のご入居者様の認知症対策を支援します。

専門家(※)の知見に基づいた4つの出題領域から、700種類以上の日常生活課題を取り入れた脳トレツールをご提供いたします。実施した結果を記録し、ご本人様、または施設職員様に対して定期的にフィードバックを行います。
(※)朝田隆 氏(医師 医療法人社団創知会理事長)

介護施設向け 認知症対策トレーニングシステム(暮らしの脳トレ)

このシステムの5つの特徴

  • 日常生活を題材にしており、日常生活課題解決のトレーニングとなる。

    日常生活を題材にしており、日常生活課題解決のトレーニングとなる。

  • 多人数で集まってイベント形式で実施可能である。施設のイベント不足も解消できる。

    多人数で集まってイベント形式で実施可能である。施設のイベント不足も解消できる。

  • 実施記録はすべて保存される。定期的なフィードバックにより、状態を本人、または施設職員が把握できる。

    実施記録はすべて保存される。定期的なフィードバックにより、状態を本人、または施設職員が把握できる。

  • 700種類以上の脳トレコンテンツから
システムが自動的に実施内容を選定してくれる。飽きさせない、継続に繋がる。

    700種類以上の脳トレコンテンツから システムが自動的に実施内容を選定してくれる。飽きさせない、継続に繋がる。

  • 個人のペースで実施でき、簡単に操作ができる。

    個人のペースで実施でき、簡単に操作ができる。

このシステムの導入効果

  • ご入居者様の認知機能改善・維持を支援できる。
  • 施設のアクティビティが増やせる。
  • ご入居者様の状態に応じた細かい配慮の実現が可能となる。
  • 結果に応じて早期に医療機関への受診勧誘が可能となる。

このシステムに関するお問合わせ

担当:ヘルスケア営業本部

(※)個人情報の取扱い・利用目的をお読みいただき、ご同意の上、お問合せください。

  03-5714-2310