ニッセイ情報テクノロジー株式会社

ソリューション・製品

トップ > SDGs > 小学校訪問プログラミング授業

SDGs

SDGsの取り組み

小学校訪問プログラミング授業

小学校訪問プログラミング授業

ニッセイ情報テクノロジーでは、当社オリジナル教材を用いた小学校訪問プログラミング授業を当社事業所のある東京、大阪、仙台の各地で開催しています。授業では当社社員が講師となり、オリジナル教材を用いたゲーム作りを行います。
子どもたちにプログラミングの面白さや、ものごとを成し遂げた達成感を味わってもらうと共に、身近な生活の中でコンピュータが活用されていることや、問題解決には具体的な手順があるといったことなどに対する気付きを得ることを狙いとしています。
この取組みを通して「プログラミング的思考(論理的思考)」の育成に貢献していきます。

オリジナルプログラミング教材

オリジナルプログラミング教材

小学校訪問プログラミング授業では、当社オリジナル教材を活用しています。「スクラッチ*」を用いたゲーム作りを題材としており、プログラミングに触れたことのない方でも概念や仕組みを楽しく学べます。
ダウンロードのうえご家庭や学校での授業などにご活用ください。

*Scratch財団がMITメディアラボのライフロング・キンダーガーデン・グループの協力で開発した、世界150ヶ国以上で利用されているプログラミング学習ツール

オリジナルプログラミング教材ダウンロード
「スクラッチでプログラミング体験」(PDF 9.48MB)

*著作権はニッセイ情報テクノロジー株式会社に帰属します。
*個人や学校での授業などでの利用は可能ですが、営利目的の利用および無断での改変、二次配布などはご遠慮ください。
*本教材は小学校3年生以上を対象としています。
*お使いの機器によって操作が異なる場合があります。
*ブロックの名称や画面構成は2019年5月時点のものです。