次世代エンドポイントセキュリティ(DIGITAL GUARDIAN)

標的型攻撃から内部不正まで高度なセキュリティインシデントに対応

昨今の高度化する標的型攻撃や複雑化するマルウェアの感染手法により、入口・出口対策に代表されるネットワークセキュリティ対策だけでは、企業の情報資産を守りきれません。サーバやパソコンに保管されている情報資産を不正に持ち出されないよう、データに着目した次世代エンドポイントセキュリティ対策をご提案します。

次世代エンドポイントセキュリティ(DIGITAL GUARDIAN)

この製品の6つの特徴

  • 多層防御により標的型攻撃からお客様端末を守ります。

    多層防御により標的型攻撃からお客様端末を守ります。

  • 既存のウィルス対策ソフトはそのままに、Digital Guardianを追加して機能向上が可能

    既存のウィルス対策ソフトはそのままに、Digital Guardianを追加して機能向上が可能です。

  • ルール違反の警告を表示することで、社員のコンプライアンス意識の向上を図ることが可能です。

    ルール違反の警告を表示することで、社員のコンプライアンス意識の向上を図ることが可能です。

  • ActiveDirectoryと連携して、端末やユーザ、グループ単位でルールの制御が可能です。

    ActiveDirectoryと連携して、端末やユーザ、グループ単位でルールの制御が可能です。

  • 内部漏洩対策は特権ID管理に始まりアクセス制御・監査までトータルで提案致します。

    内部漏洩対策は特権ID管理に始まりアクセス制御・監査までトータルで提案致します。

  • PCの動作をカーネルレベルでロギングする為、OSログに出力しない動作もログ取得が可能です。

    PCの動作をカーネルレベルでロギングする為、OSログに出力しない動作もログ取得が可能です。

この製品の導入効果

  • 標的型攻撃によるマルウェア感染が起きた場合でも、タグ付けしたデータの流出を抑止する事が可能です。
  • 詳細なログの取得と多様なルール設定によって、新たな攻撃手法が発見されてもブロックや検知を行う事が可能です。
  • 従業員がルールに抵触する操作を行った場合に、警告メッセージや操作理由入力画面を表示する事で、内部不正の抑止効果や従業員のコンプライアンス意識向上効果があります。

次世代エンドポイントセキュリティについて詳しくはこちら  

この製品に関するお問合わせ

担当:ITソリューション営業本部 齋藤

(※)個人情報の取扱い・利用目的をお読みいただき、ご同意の上、お問合せください。

  03-5532-3044

security_info@nissay-it.co.jp