標的型サイバー攻撃対策 FireEye(出口対策/入口対策製品)

標的型サイバー攻撃、未知のマルウェアを安全な環境で検知!

ゼロデイ攻撃や標的型攻撃など、これまでのセキュリティ対策では防御できないマルウェアから、大切な情報を守ります。

標的型サイバー攻撃対策 FireEye(出口対策/入口対策製品)

この製品の6つの特徴

  • 仮想環境内(サンドボックス)

    仮想環境内(サンドボックス)で、疑わしいファイルを安全に実行、検知します

  • 世界中で共有

    検知した情報を世界中で共有し、検出精度を高めます

  • 標的型攻撃を早期に検知

    標的型攻撃を早期に検知し、包括的な出口対策/入口対策がとれます

  • E-mail受信時に未知のマルウェアや不正なURLを検知

    E-mail受信時に未知のマルウェアや不正なURLを検知します

  • ファイル共有時に未知のマルウェアを検知

    ファイル共有時に未知のマルウェアを検知します

  • インターネット接続時に未知のマルウェアを検知

    インターネット接続時に未知のマルウェアを検知します

この製品の導入効果

  • 標的型攻撃を早期発見し、被害を最小限に抑制
  • 攻撃が”疑われる”レベルの通信まで検出し、複数の仮想環境を使って動的に解析
  • 世界中に導入されているFireEyeと最新のマルウェア情報を共有、高い検出精度を維持

この製品に関するお問合わせ

担当:ITソリューション営業本部 川西

(※)個人情報の取扱い・利用目的をお読みいただき、ご同意の上、お問合せください。

  03-5532-3044

information@nissay-it.co.jp