ニッセイ情報テクノロジー株式会社

リスク管理に関する基本方針

NISSAY ITは、リスク管理とコンプライアンスを経営の最重要事項と位置付けて、適切なリスク管理と高い企業倫理に基づいた業務を遂行するために「リスク管理に関する基本方針」を定めています。

行動方針の徹底

NISSAY ITは、平成18年4月に従来のアクションポリシーを改め、お客様第一の精神に則り、『行動指針』5ヶ条を制定いたしました。

  1. 基本に徹し、あらゆる業務に万全を尽くす。
  2. 法令及び社会規範を遵守し、信頼を築き、高める。
  3. チャレンジを続け、自らのバリューを高める。
  4. 対話と相互理解を通じ、明るく活気ある職場をつくる。
  5. 新たな価値を創造し、より良い社会作りに貢献する。

リスク管理

リスクマネジメント指針

適切なリスクマネジメントを行うことは、今日の企業経営にとって重要なことです。NISSAY ITでは、「リスク管理方針」の中で、リスクマネジメント指針を定めて、適切なリスク管理の推進に努めてまいります。

リスク管理体制

リスク管理体制

情報資産保護への取り組み

情報ネットワークが高度化するにつれ、企業の情報資産は、自然災害はもとより、盗難、漏洩など人的被害も含めた多種多様な脅威にさらされています。当社では、『リスク管理に関する基本方針』に基づき『情報資産保護に関する基本的方針』その他関連諸規定及び体制等を定め、定期的な全社研修も実施のうえ、全社一丸となり情報資産保護に取り組んでおります。

個人情報保護への取り組み

平成17年4月、個人情報保護法が施行されました。

当社がお客様よりお預かりしている情報には数多くの個人情報が含まれています。当社はお客様の信頼を得られるソリューションの提供を目指す企業として、個人情報の適正な利用とその保護に努めてまいりました。『情報資産保護に関する基本方針』のもと『個人情報保護に関する基本方針』を定め、『個人情報保護規定』など諸規定に基づいた体制及び対応に取り組んでいます。また、平成13年3月には、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(旧名称:財団法人日本情報処理開発協会)(JIPDEC)よりプライバシーマーク使用許諾事業者の認定を受けています。

これからも、「個人情報の保護に関する法律」ならびに「JISQ15001:2006」に準拠した個人情報保護に関するマネジメントシステムを推進することにより、職員一人ひとりが個人情報の重要性を常に意識し、個人情報保護に取り組んでまいります。
プライバシーポリシーはこちら

コンプライアンス

コンプライアンスに関する基本方針

NISSAY ITは「コンプライアンスに関する基本方針」を定め、コンプライアンス(法令遵守)を経営の最重要課題として取り組んでいます。

コンプライアンスマニュアル

コンプライアンスに関して遵守すべき具体的な基準として「コンプライアンスマニュアル」を作成して、遵守事項の徹底を図っています。

推進体制

社長が委員長として最高責任者を務める「コンプライアンス委員会」を設置して、コンプライアンスに関する全般的統制・管理を行っています。その上で事業部ごとに「コンプライアンス推進責任者」を任命して、コンプライアンス委員会からの指示のもと法令順守の推進を図っています。また、役員を運営責任者として「コンプライアンス相談窓口」や「人権相談窓口」、「個人情報保護相談窓口」等の相談窓口を設置して役職員等からの通報や相談を受け付け、コンプライアンスに関する課題の早期発見、解決に努めています。

推進体制

コンプライアンスプログラム

取締役会で「コンプライアンスプログラム」を毎年決定して、全役職員を対象とするコンプライアンス研修やコンプライアンスセミナー、コンプライアンス点検、グループ会社を含めた遵守体制等具体的な遵守計画を定め、実施しています。

公益通報者保護規程、相談窓口運営マニュアル

公益通報者保護法に基づく公益通報者の保護を実施するための手続き等を定めた「公益通報者保護規程」、「相談窓口運営マニュアル」を策定して、全役職員に開示、徹底しています。

反社会的勢力への対応

市民社会の秩序や安全に脅威を与える暴力団や総会屋などの反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で組織的に対応するべく、暴力団等の反社会的勢力に関わる対策および社内啓蒙の推進、警察をはじめとする外部組織との連携等を任務とした「反社会的勢力対策部会」を設置しております。
また「反社会的勢力対策マニュアル」にて反社会的勢力に接した場合は速やかに社内連携し、毅然とした態度で組織的に対応すること等、全役職員への周知に継続的に取り組んでおります。