アイデンティティ管理(IDM)ソリューション(CA Identity Manager (旧CA IdentityMinder) , ExgenNetworks LM)

企業等のあらゆるシステムのユーザ・アイデンティティを一元管理し、ユーザID・権限等のライフサイクルに関るIT統制と運用効率化を図る統合環境を実現

概要

業務毎に多種多様なシステム個別のユーザが存在し、個別の管理に委ねられているケースが多く見受けられます。分散管理は業務効率の低下(オペレータによる手動操作など)を招き、

など、ユーザに対し適切に権限が付与されない状況を生み出します。

また、共用IDやテスト用IDなど、ユーザアイデンティティ(実際に誰が使っているか)を特定できないアカウントが不十分な管理のままシステム個別に存在したり、IDと同じなどの簡易なパスワードで運用されているケースも多くあります。

その結果、内部からの情報漏えいなどのセキュリティリスクが一層高まることとなります。

このような状況を解決するためには、個々のシステムに依存しているユーザ管理を集中化し、ユーザのライフサイクルに合わせた適切な権限管理を行うことが必要です。また、「1人−1アカウント」を原則とし、ユーザアイデンティティを確実に管理できる環境を整備することが重要です。

特徴

幅広いターゲット・システムをサポートするIDプロビジョニング
(アカウント生成保守)機能

* 双方向のプロビジョニングの有無や要件内容によっては、より安価に実装可能なID管理構成も可能


システムユーザのライフサイクルに応じた権限の管理自動化

グループやロールを用いたアクセス権限付与の管理

ワークフローによる申請/承認業務の自動化

セルフサービスによる管理負荷の軽減

パスワードポリシーによるセキュリティ強化

導入効果・目的

各種システムのアカウント管理業務の統合システム化による、
管理運営コスト削減

アカウント申請やパスワード変更におけるユーザ利便性の向上と併せた、権限適正管理によるセキュリティリスクの低減

アカウント管理のルール化、自動化、可視化による、コンプライアンス対応

構成・全体像

お客様のシステム規模、管理対象システムの数/種類、プロビジョニング方式等に応じて、最適な構成を実現することが可能です。
<構成例>
日本CA株式会社「CA Identity Manager (旧CA IdentityMinder)」を利用したアイデンティティ統合管理基盤

日本CA株式会社「CA Identity Manager (旧CA IdentityMinder)」を利用したアイデンティティ統合管理基盤

特色

* 双方向のプロビジョニングの有無や要件内容によっては、より安価に実装可能なID管理構成もできます。
構築例:エクスジェン・ネットワークス株式会社 「LDAP Manager」によるID統合管理基盤

稼働環境・システム要件

従業員 1,000人規模〜数万人規模まで、お客様システムのアカウント連携先に応じて環境構築いたします。(ワークフローなしや、既存のCSVファイル連動等、段階的な基盤整備にも対応)

※ 記載の会社名や商品名は、それぞれ各社・各団体の商標または登録商標です。

この製品に関するお問合わせ

担当:ITソリューション営業本部 齋藤・吉永

(※)個人情報の取扱い・利用目的をお読みいただき、ご同意の上、お問合せください。

  03-5532-3044

security_info@nissay-it.co.jp