特権ID管理(NTTソフトウェア, iDoperation/CSLGuard×ACTCenter)

特権ID管理ならおまかせ!

近年、内部不正による情報漏えい事故が多く発生しています。
システムに対して絶対的な権限を持つ特権IDの管理は急務です。
iDoperationは今必要とされる特権IDの管理と監査への対応を強力にサポートします。

特権ID管理(NTTソフトウェア, iDoperation/CSLGuard×ACTCenter)

このソリューションの6つの特徴

  • マイナンバーを含む、大切なデータの情報漏えい防止対策

    マイナンバーを含む、大切なデータの情報漏えい防止対策

  • FISCの安全対策基準や、PCIDSSといったガイドラインへの対応

    FISCの安全対策基準や、PCIDSSといったガイドラインへの対応

  • 負担のかかる特権ID管理をシステムで効率的に管理

    負担のかかる特権ID管理をシステムで効率的に管理

  • 監査で利用できる、見やすく分かりやすいレポート

    監査で利用できる、見やすく分かりやすいレポート

  • ユーザビリティの高い操作画面

    ユーザビリティの高い操作画面

  • お客様のニーズに合わせた導入モデルを用意

    お客様のニーズに合わせた導入モデルを用意

このソリューションの導入効果

  • “いつ” ”誰が” “どのサーバの” “どのIDを利用し” “何をしたのか” を適切に管理
  • 近年ますます厳格化するコンプライアンスに対応可能
  • セキュリティを強固にしながら、負担のかかる特権ID管理を効率的に管理
  • お客様のニーズに合わせた導入モデルで、効果的な特権ID管理対策が可能

このソリューションに関するお問合わせ

担当:ITソリューション営業本部 齋藤

(※)個人情報の取扱い・利用目的をお読みいただき、ご同意の上、お問合せください。

  03-5532-3044

security_info@nissay-it.co.jp