登記情報照合サービス

固定資産税・課税事務適正化に向けて

法務局が管理する登記情報と自治体様が管理する課税情報を電子データを使って照合します。当社独自のノウハウを使い、登記事項要約書と課税マスタについて項目毎の整合性を確認し効率的な課税の適正化に貢献する「支援サービス」です。

登記情報照合サービス

この製品の4つの特徴

  • 不一致リストを出力
    法務局の登記事項要約書データと自治体様の課税マスタを突合し不一致リストを出力します。
  • データの比較項目の相違を把握
    データの比較項目の相違が把握でき、整合性の整備に効果的です。
  • 相違点の容易な把握
    相違点の容易な把握から課税データ整備作業の効率化が図れます。
  • 共有者情報の整備
    共有物件について、共有者情報の整備に利用する事が可能です。

この製品の導入効果

  • 法務局の登記事項要約書データと各自治体様の課税台帳データを照合し、課税漏れ・課税誤りを確認することで、課税の適正化に貢献します。
  • 要約書情報をもとに、共有者情報が整備できます。地方税法に従い、共有者への通知が可能になります。

登記情報照合サービスについて詳しくはこちら  

この製品に関するお問合わせ

担当:ヘルスケア営業本部 登記情報照合サービス営業担当

(※)個人情報の取扱い・利用目的をお読みいただき、ご同意の上、お問合せください。

  06-6350-3124

information@nissay-it.co.jp